1週間のニュースを総まとめする番組

1週間のニュースを総まとめする番組

テレビでニュースは見なくても、検索エンジンでニュースを見たり新聞をパラパラめくって新聞の下側広告欄で週刊誌の広告でおっ!と興味を惹くニュースがあったり…。なんとなく見てしまうのが、1週間のニュースをまとめて放送する系統のテレビ番組。『サンデーモーニング』『情報7days』『サンデージャポン』。1週間のニュースがまとめて見れてしまうので、ついついチャンネルをつけてしまいます。

それと、つい見てしまうのが、いわゆるハリウッドセレブの海外ネタニュース。だいたい出てくるのはお約束で「デーブ・スペクター」。ダジャレと一緒にセレブネタが放送。ついついチャンネルが付いていると、気になる大スターのプライベートのほんの一部分が見えてしまうので、やっぱり見ちゃう!! だから、パパラッチの存在はなくならないし、セレブは追いかけられまくるんだろうな~と思いながら、映画ではめちゃくちゃイメージの良い役を演じてる俳優が、とんでもない発言をしたりしているのをみると「こいつ最低!」と見てしまったり・・。

ハリウッドセレブと言われる人たちの中で、パパラッチからの撮影を真剣に嫌がっている人たちも大勢います。時にはぶん殴ったり、罵声を浴びせたりする人もいれば、「撮られることを意識しまくり」で、撮られて話題になることで、いつの間にやらセレブのポジションに収まってしまっている人たちもいちゃうのが面白い!その人たちのファッションが日本のファッション誌のスナップにも使われているので、こればっかりはやっぱりファッションチェックするためにも、やっぱり見るしかないのでありますわ。むぅもぉ!!と思いつつ、見てしまうものこそ楽しいものだったりするからね。

1週間のニュースをみるなら

なかなかじっくり新聞を読んだり、ニュースを見たりする時間って案外ないもの。週刊誌が売れるのには、通勤やちょっとした隙間の時間を使って気になるニュースの内容がチェックできるところだと思う。芸能人がどーしたこーしたっていうのもあり、企業がこんなものだしてる、政治の局面、こんなことがあった世界のニュース、それに天気と、ざっと分かるのが早くわかるのがとっても便利。やっぱり「旬」の話題を知っていないとね。どっかに大型施設がオープンした時には、必ず1週間ニュースで取り上げられるから、もし1週間ニュースを見るのを忘れてしまって、むぅもぉ!となったら週刊誌の広告をザッとみるだけでも、全然ありかも。

サンモニ
サンデーモーニグを略して「サンモニ」。メインキャスターは関口宏。そういえば、この番組でしか関口宏を見なくなったな~と思う人も多いかも?!調べてみると、番組が開始された当初は「関口宏のサンデーモーニング」というタイトル。この番組名物は『カツだっ!!』とスポーツ関係をぶった切るコーナー。
『カツだっ!』の週刊御意見番は、親分大沢と張本の2人が「物申す!」状態で、わかりもしないスポーツであっても『カツだっ!』とぶった切っておりました。大沢親分が亡くなってからは、張本はそのまんま登場して元プロ野球選手だったり元スポーツ選手といった方が張本と一緒に出てきて『あっぱれ!』や『カツだっ!』とやっています。大沢親分が亡くなってから、ちょっとつまらなくなってる様な気もするけど…。
そして週刊御意見番のアシスタントは、メガネをかけてる女性の唐橋ユミ。前は、最初からメガネをかけていなくて慌ててメガネを外していたのにいつの間にか、メガネかけているのが当たり前になっていて、登場する時からメガネON状態。おっさんたちの『カッだ!』や『あっぱれ!』のシールをペタペタ貼りながら、テキパキとさばいていってくれていくのが良い感じのコーナー。
サンジャポ
爆笑問題が司会する「サンデージャポン」。いつも間にやら2011年で放送10周年になっていたとは驚き。サンジャポは基本的に毒系のタレントが多くて面白い。ぶっとんだ格好した岡本夏生が登場して、かなり笑わせてもらえる。コスプレ「自分を良く見せる」というコスプレじゃなくぶっとび系のコスプレが、めちゃ良い感じ。最近サンジャポ干されたとかいろいろと言われておりますが、ぜひとも出ていただきたいコメンテーターだな。
ミッツ・マングローブも身長も高いけど、存在感ありで良い感じ。独自の目線で言うからね。西川史子はすぐ泣くから、いかがなものか。って感じがする。サンジャポで自分の離婚の話をしたり、結婚している時に涙ながらに「帰ってきて」とかやっていたのは、ちょっとどうかと思う。公共の電波で「帰ってきて」はないだろう?!あれあたりから、なんか西川女医はちょっとつまらない存在に思えて仕方ないね。
坂上忍も今ではすっかり毒舌キャラが板について、サンジャポでも自分目線でいうコメントが楽しい。坂上忍もいつの間にかサンジャポに座るようになっていたけど、それも有吉が忙しくなりすぎたから?!とか思ったりする。坂上忍はこれから先も潔癖症で突っ走ってほしい。昔は天才子役と言われて小さな時からずっと芸能生活を送っているから、芸能歴ははんぱなく長いと思う。俳優としての姿よりも、バラエティや情報番組系のコメンテーターで登場することがすっかり多くなっているけど、やっぱり苦労人だから毒吐くのにも味があると思う。
情報7days
土曜日夜の情報番組で、17年半も続いた『ブロードキャスタ』の後に始まった番組がこちら。『ブロードキャスター』の時には山瀬まみが「おどうだんのための、ワイドショー講座です」と言うのがお約束で、最初の頃は三雲アナだったのがクボジュンに変わっていて「次ぎはまみちゃんです」。のイメージしか・・。福留さんがどーんと出ていたイメージが強いのが『ブロードキャスター』。17年半も続いていたっていうのにはビックリ。
その後の番組が安住アナとビートたけしの『情報7days』。こちらでは、三雲さんがコメンテーターとして登場していますね。あと、齋藤孝先生。なぜか分からないけど、女優の渡辺えり。でかいからインパクト大。どうして渡辺えりが出ているのかは良く分からないけど、おばちゃん目線でのコメントをしつつビートたけしにたまにいじられている立ち位置でしたが、2013年から渡辺えりは出ていない模様です。三雲さんと齋藤先生は登場しています。
その時々の話題で、ゲストコメンテーターは変わってきます。
共通点はTBS
1週間の情報をまとめて送る、ニュースとエンタメが一緒になった情報番組を3番組上げましたが、共通点はTBS。TBSといえば「報道のTBS」「ドラマのTBS」と呼ばれることもありますが、いわれれるだけあって報道番組やテレビドラマの制作が得意なテレビ局です。
報道に関しては、TBSが開局した当初から報道には積極的に力を注いできた分野ということもあって、今でもTBSの看板的存在といえば「報道」とも言われています。TBSが現在報道番組や情報番組を放送しているのは、『Nスタ』『NEWS23』『報道LIVE あさチャン!サタデー』『報道特集』『サンデーモーニング』などのニュース番組を報道局が制作して、情報番組にカテゴリーされる、『あさチャン!』、『ひるおび!』、『情報7days ニュースキャスター』は情報制作局が制作しています。
過去にTBSの看板番組だったものには、『JNNニュースコープ』『JNN報道特集』『NEWS23』『中村敦夫の地球発22時』などが高い人気を誇っていて、このころはまさに「報道のTBS」として、とても高い評価を得ていました。「中村敦夫の地球発22時」はジャーナリストのようなドキュメンタリー番組で硬派な話題のドキュメンタリー番組でした。

最近人気のアナウンサー

アナウンサーも男性も女性も、最初はテレビ局の会社員として報道番組やバラエティ番組などで登場して顔と名前を売っていき、以前の女性アナウンサーはプロ野球選手と結婚してフリーになる。というのが女性アナウンサーの王道のような感じでしたが、最近はある程度名前と顔が売れたら結婚するしないに関わらずフリーになるケースが多いように思えます。女子アナ30歳定年説もあるほどですが、局側の内心ではフリーになるとギャラが高くなるのでフリーになってしまうのが困るようなのですが次から次へと若手のアナウンサーが台頭してくると、わが身振り方を思案してまだ人気のある番組を担当している間に辞めてフリーになろうと言う気も分からないわけでもないですね~

好きな男性アナウンサーランキング(オリコン調べ)&私的コメント

第1位…舛太一(日本テレビ) 
ポンポンポポポンでおなじみの舛アナ。常に一生懸命な感じが好感で大人気。
第2位…羽鳥慎一(フリー) 
元日テレのアナウンサー。いつの間にかフリー。フリーになってもそのまま番組に多数出演中。
第3位…伊藤利尋(フジテレビ)
特に男前ってことはないけれど、安定感のある感じで人気なのかも。
第4位…上重聡(日本テレビ)
おそらく日テレ若手男性アナウンサーでこれからますます勢いにのる感じが見えます。
第5位…中村光宏(フジテレビ)
慶応の幼稚舎からそのままずっと慶応。おぼっちゃま感プンプン。スポーツも乗馬にスキーにダイビングとこれまたおぼっちゃま感度高い。
第6位…軽部真一(フジテレビ)
いつも必ず蝶ネクタイ。この蝶ネクタイのトレードマークで知名度が上がった軽部アナ。笑顔を見せても目は笑っていない。
第7位…宮根誠司(フリー)
元朝日放送のアナウンサー。「ミヤネ屋」で人気のアナウンサーで関西弁が特徴。
第8位…武田真一(NHK)
志望した時はディレクター志望、アナウンサーとして採用。夜7時~の「ニュース7」。NHKの貴公子とも。
第9位…生田竜聖(フジテレビ)
兄は人気俳優の生田斗真。次世代のバラエティ番組人気司会者になるのでは?!
第10位…古館伊知郎(フリー)
元テレビ朝日アナウンサー。久米宏の後「報道ステーション」メインキャスター。最初の登場した時は、すごい痩せていてびっくりした。

好きな女性アナウンサーランキング(オリコン調べ)&私的コメント

第1位…加藤綾子(フジテレビ)
あやパン。めざましテレビのキャスターで朝の顔として定着。かわいい。
第2位…大江麻里子(テレビ東京)
情報番組やバラエティなどなんでもこなせるマルチアナウンサー。ニューヨーク支局に赴任も経験。中国語も堪能らしい。
第3位…西尾由佳里(フリー)
元日テレアナウンサー。2005年から24時間テレビ総合司会を6年間務めてまさに看板アナ。
第4位…水ト麻美(日本テレビ)
ぽっちゃり系アナウンサーとして人気。天真爛漫なキャラクターで『ヒルナンデス』などで活躍中。
第5位…生野陽子(フジテレビ)
ショーパン。めざましテレビのメインキャスター。めざましのメインを張るということは、フジテレビでいちおしなのかも。
第6位…高橋真麻(フリー)
高橋英樹さんの大事な一人娘。歌って歌って歌いまくる。性格がよさそうな感じがいい。
第7位…滝川クリステル(フリー)
東京オリンピック招致の時の「お・も・て・な・し」で招致活動に大きく貢献して、これを機にCMなどギャラも跳ね上がったとか。
第8位…竹内由恵(テレビ朝日)
慶応大学2年生の時に『ミス慶応』。スポーツアナの印象が強い感じがする。
第9位…鈴木奈々(日本テレビ)
正直言ってあまり知りません。この方も『ミス慶応』
第10位…有働由美子(NHK)
NHKアナウンサーの中ではちょっと違う路線の女性アナウンサー。朝の情報番組「あさイチ」は主婦から大人気の番組。
第10位…前田有紀(フリー)
2013年にテレビ朝日を退社。やべっちF.C.の顔だったかも。